花の命は短いからこそ輝く2017/04/09 16:29

小雨の降る4月8日。東京では各地の桜が見ごろをむかえていた。
満開になったかと思ったら、早くも散り始めている。
やっぱり花の命は短い。だからこそ、そのひと時を残しておきたいと思う。
曇天の薄暗い天気の中、近くでは白く見るソメイヨシノは一段とピンク色が増していた。

こちらは浜離宮。小雨のぱらつくあいにくの天気にも負けず、ピンク色に輝く桜に魅了される。

雨にも負けずに咲くソメイヨシノの花。この姿を見ると日本人でよかったと思う。桜は日本人にとって特別な花。咲いてくれることへ感謝。

こちらは芝公園。東京タワーの麓には満開の桜。タワーに照明が灯る時間を狙ったが、なかなか難しかった(桜が目立たない・・・)。

サクラのトンネル、そこは和みの空間2017/04/07 00:21

年に一度、わずかな間だけ現れるサクラのトンネル。
天井はサクラの花で覆われたなごみの空間。
朝日を浴びてピンク色に輝くサクラの花。
このトンネルを眺めていると、時間が過ぎ去るのを忘れてしまう。
ずっと見ていたい景色がそこにある。


多磨霊園のしだれ桜並木2017/04/02 22:04

多磨霊園。数ある都立の霊園の中でもかなり広い敷地で、中に入るとそこが都内とは思えない静けさです。
ここにも多くの桜が植わっており、いくつもの桜並木道が形成されています。中でもしだれ桜の並木道はとても珍しく、ソメイヨシノの並木道とは違った光景が広がっていました。

両側に植わったしだれ桜が並木道へ誘う。まるで門のようにそそり立つしだれ桜の奥には、独特の光景があった。

まるで桜のカーテン。どこまでも続くピンク色のカーテンに吸い寄せられるように、この道を多くの人や車がゆっくりとした速度で行き交っていた。

東郷寺のしだれ桜2017/03/31 21:26

東京の府中市にある東郷寺。ここには立派なしだれ桜がありました。
6本ほどあるのですが、この日(3/30)は満開1本。残りは咲き始めている状態でした。正門へ向かう参道に入ると、まるでしだれ桜に出迎えられているようです。
とても見応えのあるしだれ桜でした。

参道の両脇にしだれ桜があります。まだ7部程度なので隙間が見られます。ちなみに、正門は黒澤明監督の名作「羅生門」のモデルになっています。

こちらは、入口に最も近い場所にあるしだれ桜です。この日唯一満開となっている桜でした。とにかく見事です。

桜色に染まりつつある新宿御苑2017/03/26 21:46

東京では3/22に全国のトップをきってソメイヨシノが開花し、いよいよ本格的な桜シーズンの到来です。
3/25は朝から日射しがそそぎ、新宿御苑では高遠小彼岸、陽光、しだれ桜などが見頃とのことで行ってきました。
ソメイヨシノの開花は足踏み状態でしたが、一足先に満開を向かえた桜が華やかでした。

まずはしだれ桜。1週間前に見たときは開花したばかりでしたが、この日は見頃をむかえていました。午前中に行ったので人もそれほど多くありませんでしたが、圧倒的な存在感はすばらしいの一言でした。

こちらは陽光と大島桜です。左の濃いピンク色が陽光、右の白い色が大島桜。ここの大島桜は他の大島桜よりも早く咲くため、こうして紅白の桜を見ることが出来ます。新宿御苑の名所の1つです。

こちらは高遠小彼岸桜。満開です。色がとてもソメイヨシノに似ているので、遠くから見るとソメイヨシノと間違えそうです。高遠小彼岸の両脇はソメイヨシノなのですが、まだつぼみ状態でした。

こちらは主役のソメイヨシノ。ようやく開き始めたということろです。あと1週間もすると満開になるでしょう。新宿御苑が桜色に染まるまでもう少しです。