JR東日本が運営する「STATION WORK」を利用してみた2021/10/16 18:27

普段利用する新橋駅や隣の有楽町駅に、前から気になるボックスがあった。調べてみると、JR東日本が運営する駅ナカシェアオフィス「STATION WORK」の1つであった。

STATION WORKには3種類の分類があり、完全個室型の「STATION BOOTH」、半個室型の「STATION DESK」、そしてホテルメッツの一室をテレワークスペースとして使用できるもの。

今回利用したのは、完全個室型のSTATION BOOTH。
いくつかの主要駅の改札内外に設置されているブースで、今回は新橋駅のお隣、有楽町駅にあるブースを利用してみた。
有楽町駅のSTATION BOOTHは改札外に設置されているため、入場券を買わなくても利用できる。銀座口を出て右側、みどりの窓口の隣にあるVitalityプラザ、ここを入ると左側に3機ブースが存在している。

このSTATION BOOTH、基本的には会員登録をすることになるが、会員登録をしていなくても、当日空いていれば非会員でも利用可能である。
料金は、会員登録をした場合、あらかじめ登録したクレジットカード決算が主となるが、予約なしの場合にはSuicaなどの交通系マネーでも支払可能である。このため、非会員については、当日空いている場合に限り、交通系マネー決済で利用が可能というわけである。

さて、今回は非予約でブースを利用した。
ブースの右側に操作用の画面があるので、ここで操作する。さすがに土曜日、ブースは終日空いているようなので、とりえず30分間の利用で決済した。

決済が完了すると扉が開くので中に入る。
ブースの中には椅子とテーブル、そしてモニターに電源が完備されている。テレビ会議用にスピーカーも用意されているし、無料WiFiも設置されているので、一通りのことはできそうである。

さっそくパソコンを開いた。モニターにはケーブルが付いていないので自分で準備する必要はあるが、短時間なのでパソコンのみでOK。

ブースの中は周囲から隔離された秘密基地のような感じで、なかなか快適である。完全個室のブースなので、周囲を気にする必要がないのは良い。ただし、完全な防音ではないので、外部の音は意外に入ってくる。
有楽町駅の場合は、Vitalityプラザの中にあるので、それほど外の音は気にならないが、新橋駅のように通路上にある場合には、外の音が気になるかもしれない。

飲み物は、アルコール以外なら持ち込み可能なので、あらかじめ飲み物を買ってからブースに入るとよいだろう。もちろん、アルコール飲料や食べ物は厳禁。

さて、思ったよりも快適なブース内、作業に没頭していると5分前のアナウンスが流れた。そう、あっという間に30分が経ったのである。荷物を片づけて退室し、STATION BOOTH体験は終了した。

完全個室なので、電車の待ち時間を利用してメールチェックがしたい、調べものがしたい時には利用するとよいだろう。ただし、値段は15分250円とやや高めなので、長時間利用には向いていないように思える。

ちょっとメール確認をしたいが、人の目が気になる、わずかな時間のためにカフェに入るものちょっと・・・、という場合には適しているのではないだろうか。

星乃珈琲店八重洲地下街店2021/09/26 14:17

東京駅から繋がる八重洲地下街。この地下街に、星乃珈琲店が誕生していた。店舗は、かつてカフェ・ド・クリエのあった場所。

ちょうどお腹が空いていたので、ランチもかねて入店。
カフェ・ド・クリエ時代には、何度か入店したことがあるのだが、座席は通路に面したところにしかなく、比較的狭い印象がある。

セルフカフェなら狭くても良いが、星乃珈琲店は純喫茶スタイルで、比較的広い空間が必要なはず。
中はどうなっているだろうか・・・。

奥に広かった。

なんと、奥にも座席があり、なかなか広い。カフェ・ド・クリエ時代にはなかった空間があるとは・・・。


さて、注文したのは、スフレパンケーキではなく、ビーフカレーと星乃ブレンド。
星乃珈琲店でカレーを食べるのは久しぶりだが、これがなかなか美味しかった。辛すぎず甘すぎず、それでいてコーヒーとも合う、不思議なカレーである。

コーヒーも久しぶりである。このところ、星乃珈琲店には行っていなかったので、久しぶりに飲んだコーヒーは美味しかった。

日曜の昼下がり、八重洲地下街でまったりした時間を過ごした。

上空にブルーインパルス飛来2021/07/23 14:31

自宅近くを、五色のスモークを出しながら、ブルーインパルスが飛行してきた。旅客機とは比較にならないスピードと編隊飛行のかっこよさにしばし感動。

新型コロナの再拡大をはじめ、問題だらけの状態で開幕する東京五輪。本当なら、みんなが楽しみにし、そして楽しめる五輪になるはずだったのに・・・。

でも、始まるのであれば、たとえ盛り上がりに欠ける五輪であっても、それなりに楽しもう、そう思った。

ニュースでは、無観客開催となる五輪スタジアムの前に、せめて雰囲気だけでも味わおうと、多くの人が記念撮影に訪れていることを報道していた。最初は「結局、人が集まってしまったら意味ないじゃん」と思っていたけど、ブルーインパルスを見ていたら、アスリートは頑張っているのだから、応援しよう、今できる状態で楽しもう、そう思うようになった。

政府や都の言うことを聞いて自粛していても感染者数は減らないし、ワクチンの摂取、ソーシャルディスタンスをしっかり守っているのであれば、せめてスタジアムの近くまで行くのは良いのではないか。そう思った。

純粋にアスリートを応援して、みんなが元気になっていければ、この五輪のやる意味が出てくるのではないかな・・・。

テレワーク日のモーニングコーヒー2021/06/24 08:50

新型コロナウイルスの拡大防止と、新たな働き方の模索として、週に2~3日の割合でテレワーク継続中。

今日はそんなテレワークの日。
そして、テレワークの日は、作業ルームの近くにドトールコーヒーがあるため、ドトールコーヒーでコーヒーとアップルパイをテイクアウトするのが日課になっている。

朝、仕事はじめの一杯としてコーヒーを飲む。
これでテレワークの日はスイッチが入る。
午前中の仕事をこなすと昼休み。しばしの休憩を過ごして午後の部へ。

午後は長期戦。
テレワークという特異な環境では、会社にいるときのようなコミュニケーションがとりずらいため、電話やWeb会議、メールやチャットなどあらゆる媒体を利用して進める。
これが意外と体力を使う。

疲れの出てくる16時以降、一旦休憩する意味でアップルパイを食す。
紅茶を入れてアップルパイを食べることで、定時までの充電を行う。

そして定時。
今日も仕事が終了する(といっても、だいたいは残業になってしまうが)。

モーニングコーヒーと夕方の休憩タイム。
自分なりに構築したルーティンワークで、今日もテレワークデーを乗り切る。

赤坂見附にマック復活!2021/06/06 17:33

最近では、赤坂見附に行くことが多い。
ビックカメラがあること、適度にカフェやお店があること。
そして、交通の便が良い割にそれほど混んでいないこと。

今日も散歩ついでに赤坂見附へ行ってきた。
ビックカメラで商品を見て、近くにある星乃珈琲店へ行くために、裏通りへ出る。

あれ、マクドナルドがあるぞ!

赤坂見附には、今から5年半前までマクドナルドがあった。惜しまれつつ閉店してからは、赤坂界隈ではTCB近くにある赤坂店のみとなっていた。
閉店当時は「なぜなくなるのだろう」と疑問だった。赤坂見附駅近くで人も多い場所だけに、そこそこに人は入っていたと思う。

マクドナルドのないことが当たり前になっていた現在、再び赤坂見附の地にマクドナルドが戻ってきた。

開店は5/31というから、まだ開店間もない。
ということで早速入店。ビルの2階フロアが店舗になっており、正面にカウンターがある。店の外にはテラス席があり、カウンターの左側から奥に向かって店内の席が並んでいる。

1人席が比較的多く、なんとコンセントが付いていた。これは便利。最近のカフェでは当たり前になりつつあるコンセントが、マクドナルドにも付いたのだから、これだけでも利用価値があるというもの。

今日は日曜日ということもあったのか、緊急事態宣言下であるためか、比較的好いていた。

赤坂見附に戻ってきたマック、いろいろなバーガー屋がある中で、やっぱり自分にとってはマクドナルド。子供の頃から食べているその味は、今も好みである。

今後の飛躍に期待しながら、店を後にした。