あえてiPhone SE(第3世代)2022/11/19 10:40

根っからのiPhoneユーザーの自分。
半ばApple信者になりかけている・・・。

iPhoneは4sの頃より使い続けているが、一貫してこだわっているのがSIMフリー。キャリア関係なく、国内外関係なく、制限のない端末であるからである。
購入も、アップルストアをはじめ、量販店で購入できることから、機種交換も容易にできるといった利点がある。

以前は、SIMフリーの入手はアップルストアなど限られたところでしか購入できなかったが、今は気軽に入手できる。

さて、愛用していたiPhone8が、そろそろくたびれてきた。
本体サイズ、操作性、性能共に申し分なく、とても気に入っている機種ではあるのだが、経年劣化にはかなわない。

そろそろ買い替えを考えていた矢先、iPhone14が発売になった。
新機能を搭載して颯爽とデビューした最新のiPhoneであるが、自分にとってはあまり興味がない。

あえてiPhone SE(第3世代)を購入。

自分にとっては、iPhone8をベースにしたiPhone SEで十分であった。
見た目、大きさ、操作性、どれもiPhone8と同じで、持った感触まで一緒。iPhone14のような華やかさはないが、地味でいてしっかり自分にフィットする。

これが良いのである。

写真を見てもらえば、その差は一目瞭然。
ただ並べただけなら、どちらがiPhone8でどちらがiPhone SEなのかわからない。

どちらもカバーをつけているので、写真ではわかりにくいが、iPhone SEにも、もちろん下部中央のボタンは付いているので、見た目は全く同じである。

iPhone SE(第3世代)は、事実上のiPhone8の後継であったiPhone SE(第2世代)の後継機で、iPhone8の流れを組む機種であることから、当然なのであるが、自分にとってはこれで満足。

さて、機種交換をすると避けられないのがデータ移行。
これも、今のiPhoneでは簡単に出来る。
Bluetoothをオンにして新旧のiPhoneを並べるだけ。
あとは、画面の指示に従って進めると、簡単にデータ移行ができる。
iTunesを使用する必要がないのである。

アカウント登録をしているアプリに関しても、アカウントごと移行されるので、アプリでアカウントを再登録する必要がない。
iPhoneのデータをiPhoneにバックアップするような感覚である。

移行後は、旧機種のデータを残したままにすることも、初期化することもできる。最も、残しておく必要はないので、移行後に動作確認をして問題なければ、旧機種は初期化をすることをおすすめする。

見た目は変わらないiPhone SE。
愛用してきたiPhone8に代わって、自分の新しい相棒として使っていこう。

椿屋珈琲 新橋茶寮2022/11/12 16:54

たまには美味しいコーヒーを飲むか。
用事を済ませた新橋で、久しぶりに訪れたのが、椿屋珈琲。
しかも、SL広場にある新橋茶寮に入店した。

15時を過ぎたころの入店ではあったが、店内はとても混んでいた。
客層は、高いコーヒーだけに、やや年配の人やサラリーマンが多く、どこか落ち着いた感じがした。

注文したのは「椿屋スペシャルティブレンド」。

しばらく待っていると、店員さんがサイフォンに入ったコーヒーとカップを持ってきて、その場で注いでくれた。

これが椿屋。

カップに入ったコーヒーからは、コーヒーの良い香りがした。
本来、コーヒーは香りと味で楽しむことができるが、最近では、インスタントコーヒー、良くてもセルフカフェのコーヒーが多かっただけに、あまり香りを楽しむことがなかった。

久しぶりのコーヒーの香りに、まずはリラックス。

そして、まずはブラックで味わうように飲む。
酸味の中にほのかな甘みがあり、とても飲みやすい。
それでいて、コクのあるコーヒーは、飲んでもリラックスできる。

味良し、香り良し。
久しぶりに飲む高級なコーヒーをゆっくり時間をかけて飲んだ。

なかなか味わえないサイフォンで入れるコーヒーに、とても満足であった。

無性に食べたくなる、赤い魅力的な食べ物2022/09/22 13:50

今日は遅めの夏休み。
我が社では、7月~9月の間で2日間、夏休みを取得することができる。
1日目は、8月のお盆の頃に取得していたが、残り1日の取得がまだであったため、本日、夏期休暇を取得した。

遠方へ出かけるのも良いが、疲れを癒やすため、今日1日はゆっくりすることにした。

最近、健康指導を受け、毎日10分以上多く歩くように言われたため、晴れていたこともあり、ウォーキングに出かけた。

コースは、麻布十番・芝公園・増上寺を経由して新橋へ。
4キロ程度のウォーキングである。

ウォーキングの詳細は割愛するが、丁度お昼時に新橋に到着した。
しっかりウォーキングをしたのでお腹も空いたし、お昼にしよう。そう思った途端、頭に赤いケチャップの魅力的な食べ物が浮かんだ。

新橋で赤いケチャップといえばポンヌフのナポリタン。
これが頭に浮かんでからは、ポンヌフ目指して一直線。
正午ジャストにポンヌフに到着した。

店頭では数人が並んでいたが、これならいける!
自分も列に並んだ。

やがて店員から呼ばれて座席へ。
注文したのはもちろん「ハンバーグスパゲティ」。
周囲を見渡すと、ハンバーグスパゲティを注文されているお客さんが多く、その確率は8割ほど。なんという人気メニュー!

さて、久しぶりの対面にわくわくしていると、注文してから5分くらいで運ばれてきた。

ついにご対面!
おお!これだ!これ!

濃厚なケチャップのナポリタンに手作りのハンバーグが添えられたこのメニューは大人になっても好きなコンビであり、とにかく無敵である!

いつもは限られた時間内で食べるランチも、今日はオフなのでゆっくり丁寧に、そして、しっかり味わいながら食した。

味、食感、魅力、とにかく言うことなし!
お昼に新橋まで来た甲斐があった。
満足のランチタイムであった。

その後は、歩き疲れたので、交通機関を利用して帰路についた。

地味におもしろいAR2022/09/03 12:42

今日はARの話題を1つ紹介する。

コロナ渦を境に、おうち時間が増えた昨今。私もコロナ渦の前と比べると、テレワーク等により家にいる時間が長くなった。
このコロナ渦が、テレワークを始め様々な技術革新に繋がっているのではないだろうか。

今回紹介するARもその1つと個人的には思っている。
かなり前からある技術ではあったが、ポケモンGOの登場以降、密かに技術革新が行われてきた。
中でも、スマホにAR機能が標準搭載されてからは、意外と身近になっているのではなかろうか。

2019年頃から、スマホのAR機能を利用して、キティやパックマン、ガンダムなどのキャラクターが自分の前に登場するARが話題となった。
あれから数年。コロナ渦を通じて表示されるキャラクターは増えた。

操作も簡単で、スマホを使用してGoogleで「パックマン」と検索すると、検索結果一覧内に「パックマンを3Dで見る」という項目が出てくる。
ここで「3D表示」をタップすると、3Dによるキャラクター表示とARによる拡張表示が出来る。

写真は、この機能を使用して表示させたキャラクターである。
写真間の境目がわかりにくのは編集時の都合のため、ご勘弁を。

左のパンダは、ARで部屋の入り口に出現したもの。
竹をもぐもぐ食べている。

右上はクローゼットの扉の前に出現したパックマン。
右下は隣の家の屋根に出現したパックマン。
共にくるくる回っている。

ARで出現したキャラクターは、表示場所を移動することが出来るため、右上のパックマンを出現させれば、右下のように、隣りの家の屋根まで移動することが出来る。

こうしたキャラクターは、街のあちこちで表示することが出来るらしいので、気分転換に楽しめるのではないか。

一見すると、ポケモンGOと変わらないが、最近ではこの技術を応用して、リアルな街でスマホをかざすと、お店の紹介などをARで見ることが可能になっているそうだ。
上野松坂屋周辺では、既に実現されていると聞いたことがあるので、試してみようと思う。

ドトールコーヒーショップ 新橋外堀通り店2022/08/28 18:22

このところ、新規開店のカフェに出くわすことがよくある。
今回も、新規開店のカフェに出くわした。
場所は新橋駅近く。
ドトールコーヒーショップの新規オープンである。

店舗名は「新橋外堀通り店」。
SL広場側の外堀通り沿いに、8/26にオープンした(残念ながら写真は無し)。

早速入店してみた。
これまでのドトールの店舗とは様子が異なっている。
入り口付近には二人用の席。中央には1人用のカウンター席。そして、一段高くなった奥には、ブースになった1人席。

カウンター席やブースの席には、USBコネクタが装備されており、スマホの充電が出来る。

さらに奥には、4人席が個室形式で2部屋ほど用意されている。
これは、いままでのドトールには無かった、グループ向けの個室席である。

そして、注文カウンターもこれまでの店舗とは異なる。
最近、スーパーなどでも増えている「セルフレジ」方式になっている。

カウンターで注文すると、清算はセルフレジで行うようになっており、これまでの店舗のように、店員とのお金のやり取りは無い。

キャッスレスを意識したセルフレジ、多用なニーズに合わせた複数形式の座席。これからのドトールの新たなスタイルになるのではないだろうか。

今までにないドトールに新鮮さを感じた。