今さらiBookG4の環境構築2011/02/04 23:11

昨年購入したPod touch(第4世代)は、iOS 4.1を搭載しているので、最近増え続けているiPhoneアプリが動作する。ということで、あれやこれやと、いろいろなアプリをダウンロードして楽しんでいる。

最近になって、アプリの開発にも興味が出てきた。appleの場合、制限が多いため、作ったアプリを実機で確認するには、少々めんどうなのだが、まずは、どんな感じで作るのか、知りたくなってきた。

調べてみると、iphone SDKなるもので開発するとか。しかも、動作させるためにはMACが必要。

MACか・・・。そういや、バッテリがヘタっているけど、一台あるじゃん、MAC。

そう、手元にはiBookG4なるものがある。しかし、何年前のものなのか・・・。はたしてiphoneSDKは動くのか。

・・・・・・結果は動かない。そう、iphoneSDKはIntel MACじゃなければダメだった。

しかーし、ネットで調べてみると、PPCでも動作する方法があるとか。どうせダメなら試してみよう。

ところが、試すにしても環境を整えるのが大変だった。
まずOS。必要な環境はOS X 10.5.8(Leopard)以降。つまり、PPC版は最後のバージョン。ところが、手元にそのOSは無い。もちろん、もう売っていない。さてどうしよう・・・。

・・・・・・ヤフオクでゲット。

iBookG4は、CPU、メモリ共にLeopardの必要環境を満たしていたので、OSは無事にインストール完了、動作も問題なし。

次は、iPhoneSDKの旧バージョンである3.1.3が必要。最新版は動作しない(というか、PPCで動作させたという情報は無し)ため、旧バージョンの入手が必須となった。
しかーし、当然ながら入手は不可。Appleのサイトでは、最新版がリリースされるのと同時に、旧バージョンが姿を消した。
どうしよう・・・。どうやって入手しよう・・・。

・・・・・・会社のMACな人から譲ってもらった。

よし、これで準備は整った。あとは試しにインストールして・・・。最新版ではインストールすら出来なかったが、旧バージョンはインストールが出来る。これならいける。試せる。

が、ここで問題発生。なんと、ハードディスクの容量が足りなくなった。
うそだろう! なんでやねん!
うそじゃなかった。すっかり忘れていたが、手元にあるiBookG4は、アップルストアでカスタマイズしたタイプなので、ハードディスクは30GBしかない。
いままで、MacOS 10.3で使用していたので問題なかったが、10.5.8にアップした際、使用容量が増えたため、30GBという、いまとなっては貴重な程少ない容量では足りなくなってしまった。
さあどうしよう。機種が古いだけに、売っているのか、ハードディスク。しかも、換装するためには、本体をバラさなければならず、相当難易度が高そう・・・。

・・・・・・秋葉館にあった。しかも、換装もしてくれるとのこと(手間賃は結構取られるが)。

とゆーことで、120GBへ換装し、再度OSからインストール。

iPhoneSDKのPPC環境での動作はこれから試しますので、こうご期待。

パソコンに変化が・・・2010/10/23 00:42

そろそろ、秋・冬モデルがラインアップされてきましたが、驚きの事実がありました。

パナソニック
 レッツノートの新機種を見ると、全機種ワイド画面になっていました。
 そして、パナソニックの技術の結集ともいうべき、小型でハイスペック
 のRシリーズが消えてしまいました。
 代わりに出てきたのがJシリーズ。

 昨年、Windows7の発売と同時に登場した機種の中で、唯一スペック
 の弱かった、というよりR8のスペックを引きずった格好になったR9
 でしたが、ついに消えてしまいました。

 Jシリーズになり、スペックも大幅にアップ。これで新9シリーズは、
 かなりの高スペックがラインアップしたことになります。

シャープ
 撤退です。ノートPCから撤退してしまいます。
 液晶の鮮明さに定評のあったシャープでしたが、このところ元気がな
 かったので気になっていました。結果は撤退。

 今自分が使っている機種は、Let's note W8ですが、これの前に使っ
 ていたのが、シャープのメビウスでした。

 5年もつかっていたメビウスは、今も動態保存で、スペックを気にし
 なければ、まだまだ使える状態です。

 そのメビウスが終わってしまうとは・・・。またひとつ、PCの歴史に幕
 が落とされました。



<ちょっと宣伝>
散歩情報を載せています。よろしければご覧ください。
http://www.asahi-net.or.jp/%7Eyx6o-ontk/the_info/the_sanpo/

そして、あれを購入2009/10/29 02:15

これぞ、快適環境!
ケーブル、うぜーぜ!
かくなるうえは、あれしかない!

時は、PCを購入してから1週間が経過した先週の土曜日。
新しいPCのセットアップもほぼ終わり、PCを目の前にして、マウス環境を真剣に悩む男一人。

この、「うぜーぜ!」と叫びたくなる環境を変えるには、あれしかない。そう、コードレスマウス。
そもそも、ケーブルがなくなれば、改善される。さらに、レシーバが小さければ、じゃまはほとんどなくなる。

そして、思い浮かんだのがLogicoolのマウス。
一度、モバイルPC向けの小さなワイヤレスマウスを購入して驚いたことがあった。
そのマウスは健在。ということで、試しに繋げてみた。

おお!グレイト!

ナノレシーバは最高の環境を作り出した。
とゆーわけで、贅沢にも、新PC専用に購入することを決め、ヨドバシカメラへ直行!

で、写真のような環境になった。
もうじゃまはいない。右側にあるのはマウス本体のみ!

これだよ、これ!
この環境を待ってました!

新たに購入したのは、M705。もちろん、ナノレシーバ。

こうして、ふと気づいたら、自分の持っているPC環境は、こんなんできました!

 メイン環境:レッツノート(W8)+Logicool M705
 サブ環境:レッツノート(R5)+Logicool VX NANO

パナソ+Logicoolマウスという環境が2つ。
かなり贅沢だ。

----------------------------------------
パナソのノートに相応しく、そして美しく。
それが、Logicoolのワイヤレス。
----------------------------------------

なんじゃそりゃ!

うぜーぜ!2009/10/29 01:50

有線マウスを繋げると・・・
うぜーぜ!

いきなり失礼しました。
でも、PC使っていてこのように思うことってありません?
特に、ノートPCでマウスを使っている方、思い当たる節はありませんか?

さて、これまで使っていたメビウスの役目が終わり、その代わりにレッツノートを買いました。
Windows7が出る直前、人気のないVISTA搭載PCが安くなっていたので購入。
もう少し待てば、Windows7搭載の新機種がラインナップすることはわかっていたけど、そこそこのスペックがあって安ければよし!
おかげて、レッツノートが安くなっていました。

早速使ってみることにして、マウスをつなげてPCを起動・・・。
メビウスは6年間も使っていたので、すっかり慣れていたせいもあるのか、このレッツノート、なにか違和感を感じる。

実は、このレッツノート。USBが右側に3つ並んでいたのです。自分は右利き。ということは・・・。
有線マウスを繋げると、写真のような環境ができあがり。

マウスは通常、PCに近い場所において使用するもの。ディスクトップ機なら本体との間に距離ができるので、ケーブルがじゃまにならないのですが、ノートPCの場合、かなりじゃま。

メビウスは本体の後ろにUSBがあったので、なんとかなったものの、レッツノートは致命的。有線マウスを使用すると最悪の状態になる。

それが写真の状態。写っていないところでケーブルは複雑に重なり、マウスの自由を奪う。自由を奪われたマウスは、なかなかゆうことをきかない。

ってゆーか、ケーブルじゃま!
うぜーぜ! ケーブル!

これを改善するためには・・・、あれしかない!

やっぱりメカニカル方式2009/02/01 21:52

店頭でさわった時に、「やっぱりこれだよ!」と思ったのが、メカニカル方式のキーボード。
会社ではディスクトップPCを使用しているため、キータッチ感のよいメカニカル方式のキーボードを使用しているが、自宅ではノートPC環境のため、いわゆる「パンタグラフ式」のパカパカしたキーボードを使用している。

大量の文章を打つ場合には、やっぱりキータッチの時に「カチカチ」と音のするキーボードが一番。そこで、FILCOのキーボードを買ってきた。

キーボードを買ったことで、簡易ディスクトップ環境ができあがった。

モニター
 AQUOS(液晶テレビだけどPC入力対応)
本体
 ノートPC
マウス
 ワイヤレスマウス
キーボード
 メカニカル式キーボード(FILCO)

そして、いざ文章の入力をする。
ノートパソコンのキーボードと違って、ブラインドタッチをしていても入力ミスが少ない。
キーを打った時の「カチャ」という音が大きいため、キーを打ち終わったことが指先だけでなく「音」としても判断できる。

さらに、キーのストロークが深いため、キーを押した確かな感触が指先から伝わってくる。それだけじゃない。メカニカル式の特徴として、キー1つ1つにバネが付いている。そのためか、キーボードからの返りがしっかりとしていて、キーを打ち終わったことが指先に感触として戻ってくる。

つまり、感触、音によって、キーを押したことがしっかりと判断できる。これが、ブラインドタッチをスムーズにしている理由であり、メカニカル式がパンタグラフ式よりも高速に長文を打つのに適していると思われる。

久しぶりに、文章を打つことが楽しくなった。やっぱり、キーボードやマウスのような、常に接している入力装置は、少々高くても「質」が良いものがいい。