2つの寒桜 (2017/3/5撮影)2017/03/18 22:22

新宿御苑というと桜の名所として知られています。
本数もさることながら品種が多いのが特長ではないでしょうか。
新宿御苑にある寒桜系の品種には、寒桜、大寒桜、河津桜、修善寺寒桜などがありますが、この日は修善寺寒桜と大寒桜が見頃をむかえていました。

千駄ヶ谷門の近く、ソメイヨシノや大島桜、高遠小彼岸、陽光、八重桜など、多くの桜が植わっている桜園地に大寒桜が2本植わっています。
周囲の桜がつぼみの時に咲くため、多くの人の目を引きつけていました。
この桜が散り始めると、いよいよ新宿御苑は桜色に染まります。

池の畔に植わっている修善寺寒桜です。伊豆の修善寺境内に原木のある寒桜です。新宿御苑ではこの1本だけですが、一度見ると忘れられないほど見事な桜です。
周囲にはソメイヨシノやヤマザクラ、大島桜などが植わっているため、早咲きの特長を生かして、この日は人気を独り占めしていました。

いよいよ桜シーズンの到来 (2017/3/18撮影)2017/03/18 22:48

暖かな陽気に誘われて、新宿御苑の桜を見に行ってきました。
ソメイヨシノの開花はまだですが、品種の多い新宿御苑にはソメイヨシノよりも少し早めに咲く品種も多くあります。

今日は、陽光、高遠小彼岸、しだれ桜などいくつかの品種で花が開いていました。中でも高遠小彼岸は、木によってはだいぶ開いていました。

まずは陽光。寒桜を思わせるようなピンク色と大きな花が特長で、ソメイヨシノよりも1週間ほど早く開花します。
ここ数日で開き始めたようで、まだつぼみが多いものの来週には満開になりそうです。
寒桜から渡されたバトンをしっかりと受け取った、そんな感じです。

こちらは高遠小彼岸。この品種もソメイヨシノよりも1週間程早く開花します。長野県の高遠城址公園に咲く品種で、新宿御苑でもよく見ることが出来ます。
エドヒガンと同様、お彼岸の頃に咲き始めるのが特長です。

陽光、そして高遠小彼岸。これらの品種が咲き始めると、いよいよ本格的な桜シーズンの到来です。1週間後にはソメイヨシノも開花することでしょう。

桜色に染まりつつある新宿御苑2017/03/26 21:46

東京では3/22に全国のトップをきってソメイヨシノが開花し、いよいよ本格的な桜シーズンの到来です。
3/25は朝から日射しがそそぎ、新宿御苑では高遠小彼岸、陽光、しだれ桜などが見頃とのことで行ってきました。
ソメイヨシノの開花は足踏み状態でしたが、一足先に満開を向かえた桜が華やかでした。

まずはしだれ桜。1週間前に見たときは開花したばかりでしたが、この日は見頃をむかえていました。午前中に行ったので人もそれほど多くありませんでしたが、圧倒的な存在感はすばらしいの一言でした。

こちらは陽光と大島桜です。左の濃いピンク色が陽光、右の白い色が大島桜。ここの大島桜は他の大島桜よりも早く咲くため、こうして紅白の桜を見ることが出来ます。新宿御苑の名所の1つです。

こちらは高遠小彼岸桜。満開です。色がとてもソメイヨシノに似ているので、遠くから見るとソメイヨシノと間違えそうです。高遠小彼岸の両脇はソメイヨシノなのですが、まだつぼみ状態でした。

こちらは主役のソメイヨシノ。ようやく開き始めたということろです。あと1週間もすると満開になるでしょう。新宿御苑が桜色に染まるまでもう少しです。

東郷寺のしだれ桜2017/03/31 21:26

東京の府中市にある東郷寺。ここには立派なしだれ桜がありました。
6本ほどあるのですが、この日(3/30)は満開1本。残りは咲き始めている状態でした。正門へ向かう参道に入ると、まるでしだれ桜に出迎えられているようです。
とても見応えのあるしだれ桜でした。

参道の両脇にしだれ桜があります。まだ7部程度なので隙間が見られます。ちなみに、正門は黒澤明監督の名作「羅生門」のモデルになっています。

こちらは、入口に最も近い場所にあるしだれ桜です。この日唯一満開となっている桜でした。とにかく見事です。